ウルフギャングステーキハウスのようなステーキの焼き方を公開します。

実はウルフギャング はあるものを使って美味しく焼き上げているんです。

正解はこちら
↓↓↓

ミシュラン料理人が家庭でもステーキを美味しく焼く方法を紹介します。

美味しいレストランや家庭でできる鉄板焼き屋のガーリックライスなどなど,,,


【調理時間】 15分

【費用目安】 200円前後(肉代は除く)


【材料】 (3人前)
リブロースのステーキ肉(900g)
バター100g(有塩で良い)
岩塩
胡椒

【作り方】
1)ステーキ肉の筋きりをする

2)肉の重量の0.8%の重量の塩(7.2g)を肉にかける 例:900g×0.8&=7.2g⇨7.2g →体液の塩分濃度が約0.8%でこれを超えると『しょっぱい』と感じるため

3)肉に胡椒をふる →肉の臭みを取るため。そのための好みでかけて良い。

4)フライパンにバターを溶かす

5)火は中火

6)完全に溶けたらそこにステーキ肉をおく

7) 3分ほどしたら裏返す(300g程度の肉の場合は1分で返す)

8)肉を返した際にバターを肉にかける →焼成による肉の乾燥を防ぐのとバターの旨味を肉に吸わせるため

9)7と8を繰り返す(300gの肉の場合は表裏2回ずつでミディアムレア)

10)焼き上がったあとはまな板かバットで5分ほど肉を休ませる →焼くことにより肉の中に熱が対流してるため、そのままカットするとドリップ(赤い血のようなもの)が出るため。厚い肉の場合は10分ほど休ませる。

【美味しくなるコツ】
1)火は中火→ヒレなどの厚い肉を強火で焼くと中まで火が通る前に表面が焼けてしまうため

2)同じ時間焼く→火を表裏均一に入れるためどちらも同じ時間焼く

3)肉の色の変化を見る→わからない場合は焼きすぎないように表裏何度も返して焼き具合を見る

4_肉を休ませる→ドリップが流れるのを防ぐため