旬熟成はエイジングシートという特殊シートを開発した熟成肉のステーキ店です。

[六本木]旬熟肉(発酵熟成肉)に行った感想をお話しします。

旬熟成:発酵熟成肉

エリア:東京-六本木
店舗名:旬熟成 六本木店
住所:〒106-0032 東京都港区六本木5丁目11−31
営業時間:ランチ[土・日・祝] 12:00~15:00(L.O13:30)  ディナー[月~金] 18:00~23:00(L.O22:00) [土・日・祝] 17:30~22:00(L.O21:00)
定休日:不定休で月2回(日曜)
予算:夜10,000円-15,000円
評価:3.73

六本木のTSUTAYAスタバのすぐ斜め前にあるステーキ屋さんです。
旬熟成は明治大学と共同開発した、発酵に必要な菌だけを取り入れる専用のエイジングペーパーを使用して発酵熟成を行い、他ではない、熟成肉を提供しています。
独特のナッツのようなスパイシーな香りがする熟成肉を堪能できます。

コンセプトは『新鮮な旬』ではなく寝かせることによる『もうひとつの旬』。

店内の佇まいはひっそりとしていてデートにも向いてそうな雰囲気です。

ステーキ旬熟成六本木店の入り口
店内の入り口

店内は一階がカウンター席と二階がテーブル席です。

ちなみにこちらが明治大学と共同開発したエイジングシートの概要です。

ステーキ旬熟成六本木店認定証
発酵熟成肉概要

お肉のメニューはこちらの盛り合わせのみ。
その時旬な熟成肉を提供してくれるそうです。
この日は、赤身肉の盛り合わせでした。
熟成は赤身の方がおすすめです♫
イチボ、ランプ、ウチモモ、ソトモモの4種類です。
お値段もかなり良心的です。

ステーキ旬熟成六本木店のメニュー
旬熟成の肉メニュー


今回オーダーしたのは
・アスパラソバージュのソテー
・熟成肉を使ったハンバーグ
・お任せ熟成肉4種盛り(イチボ、ランプ、ウチモモ、ソトモモ)


フランス直輸入の2週間しか収穫時期のないアスパラ、アスパラソバージュ。
少し苦味があり、シャキシャキした食感です。

ステーキ旬熟成六本木店季節の野菜
フランス産の2週間限定出荷のアスパラソバージュ




壁にはこんな歴史人物の名前を取った牛の数々が。

ステーキ旬熟成六本木店壁
勝海牛の説明





このハンバーグは熟成肉を使ったハンバーグなだけあり、強い熟成香とキノコのソースの香りが合間って、口の中にいれると香りが混ざりとても美味しいです。

ステーキ旬熟成六本木店ハンバーグ
チーズハンバーグ



こちらお待ちかねの発酵熟成肉です。

牛は100日以上熟成し、豚は60日以上熟成しているとのことで、すごく手間隙かかっています。

ステーキ旬熟成六本木店肉の盛り合わせ
熟成肉4種盛り合わせ

塩は英国王室御用達の塩として認定されたイギリスのマルドンの塩を使って焼き上げています。

焼き方もこだわっていて、備長炭で表面を焼いたあと、68-72度のウォーマーで40分じっくりと低温調理をしていきます。

そのあと再度炭火で表面を焼き上げることにより、豊かな熟成香を引き出しています。

ステーキ旬熟成六本木店肉
今回のお肉

イチボ⇨お尻の近くの肉で適度な霜降りが入っている
シンタマ⇨足の中で最も柔らかく肉のキメが細かい
ウチモモ⇨足の部分で柔らかさか香りのバランスがいい
ソトモモ⇨足の部分で最も味が濃く熟成香が強い

今回の4種類は全て足の近くの部分が多く食べ比べには”もってこい”の種類でした。

六本木で熟成肉をコスパよく食べたい方はここ旬熟成がおすすめです。